新商品ができるまで

OSOZAI making

まつおかの美味しいお惣菜は、
社員のアイディアで生まれた商品がいっぱいです!

  • 春夏秋冬の
    年4回
    季節惣菜の
    開発!
  • 企画から
    販売されるまで
    約6ヶ月
  • 自分が提案した
    お惣菜が
    店頭に並ぶ!?
  • 開発した商品の
    販促物制作・
    撮影・
    取材対応

CYCLE 商品開発サイクル

まつおかでは新商品を生み出すまでに
様々な開発過程を経て、「おいしい」をお客様に届けています

01 企画立案

年4回の季節の新商品リリースに向け、旬食材・実績・需要・トレンドなど、さまざまな切り口からいくつか開発テーマを決めます。食材的にも体感的にも、半年先の商品を考えるのはとても大変!

02 商品開発

開発担当は、開発テーマに沿ってそれぞれ商品開発。おいしさ、見た目、調理方法、価格、インパクト、いろいろなプレッシャーを受け悩みながら、毎回試行錯誤を繰り返しています。時には、テーマに縛られず自由な発想で商品が生まれることもあります。

03 社内プレゼン

一度に15~20品ほどの開発商品が並びます。社長をはじめ役員や営業課長など30名前後が集まり試食、採点、意見交換会を行います。開発担当にとって、この日が一番緊張します。

04 商品完成!

社内プレゼンや細菌検査、食材調整、売価、名前などさまざまな調整を経て、5~10品ほどが最終商品としてレシピ化されます。

05 店頭販売

いよいよ店頭デビュー!販売員も新商品をおすすめする声に熱が入ります。お客様からの「美味しそう」「買っていくわ」などの一言が喜びの瞬間です。

06 お客様の食卓へ

旬の食材を使った季節のお料理や、いつでも食べたくなる定番のおかずなど、まごころいっぱいの美味しさをご家庭でお楽しみください。笑顔あふれる、豊かな食卓を。

REGULAR ITEM 定番化した商品

正直こんなに売れると思っていませんでした! 正直こんなに売れると思っていませんでした!

カラスガレイの煮付け カラスガレイの煮付け

いままでのまつおかにはない、新しい種類の魚を探し求め、カラスガレイはお子様から年配の方にも食べやすい、やわらかさ、脂ノリ、そして骨がないのが一番の魅力でした。
ただ、その分崩れやすく、調理法や切り方、盛り付け方には苦労しました。

ダミー文章です ダミー文章です

ダミーじゃこまみれ ダミーじゃこまみれ

開発部に配属されてまだ間もないころ、ある日突然、会社の厨房に入る時、パッとひらめき、あっという間に完成。
良い商品が出来た!と我ながら感動した納得の一品です。

ダミー文章です ダミー文章です

殻付き大エビ 殻付き大エビ

海外で食べた味が忘れられず、何とか再現できないか、惣菜にならないかと研究を重ねました。もともとはカニをつかった料理でしたが、お惣菜として手軽に食べていただけるように海老にアレンジしました。

上に戻る